カネボウミラノコレクション フェイスパウダー使い方4STEP

カネボウミラノコレクション フェイスパウダー使い方4STEP

スキンケアだけでなくメイクでも美肌感をアップさせたい時に、フェイスパウダーを活用してみましょう。
フェイスパウダーの最高峰が、カネボウのカネボウ ミラノコレクションフェイスパウダーです。
ベルベットのようななめらかなツヤ、キメ細かく透明感のある仕上がりは感動の1品です。
フェイスパウダーは優れたメイクアイテムです。
正しい使い方をマスターしましょう。



Sponsered Links


人気のカネボウ ミラノコレクション フェイスパウダー

誰もが憧れるフェイスパウダーとして、カネボウのから年末に限定発売されるミラノコレクション フェイスパウダーがあります。
フェイスパウダーでは断トツの人気商品。
毎年人気で予約だけで完売してしまいます。
人気の理由は、ファンデーションの仕上げに使うだけで、ベルベットのようななめらかでつややか、キメ細かな透明感のある仕上がりになるのです。
美肌の条件である

  • ツヤ
  • キメのこまやかさ
  • 透明感

が簡単にプラスされますよ。
さらに、皮脂吸収効果でテカリ防止や、メークのくずれ防止、くすみ防止にもなります。
また、保湿成分として、エーデルワイスやローヤルゼリーのエキスなど高級美容成分を配合しているので、ずっとしっとりとした肌感触をキープできるので、冬にはとても頼もしいアイテムなのです。
プレミアム感のあるケースのデザインも人気の理由です。
自分へのご褒美として使ってみるのもいいですね。

フェイスパウダーの使い方

カネボウミラノコレクション フェイスパウダー使い方4STEP

フェイスパウダーは液状ファンデーションを使っている人が仕上げに使うモノ、と思っている人も多いのですが、固形のパウダーファンデーションを利用している人でも、仕上げにさっとのせると、化粧モチ、仕上がりが良くなります
フェイスパウダーは色があるものや、透明感をプラスする目的ののルーセントタイプなどがあります。
ナチュラルさを出したい時にはルーセントタイプがおすすめです。
粉の粒子が細かく、しっとりしているものがおすすめです。
使い方は

  • 付属のパフに粉をたっぷり付けて、その粉をパフでもみ込んで、粉をパフの奥まで均一にしっかりと含ませます。
  • 固形タイプのプレストタイプも同じです。
    パフによくもみ込むことがポイントです。

  • 顔に塗布する順番は、両頬→額→Uゾーン→Tゾーン→目の周りです。
  • ポンポンのせるのではなく、そっと置いて、手首を使って下から上へ押さえるようになじませます。

  • 目尻や小鼻など細かい部分はパフを2つに折って、すこしずつなじませます。
  • 粉が足りないと思っても、追加する必要はありません。
    粉はパフにしっかりと含まれているので大丈夫です。

  • 仕上げにフェイスブラシ、またはパフの粉のついていないキレイな部分で顔を撫でるようにして余分な粉を払います
  • 粉をたっぷりと肌にのせてから、きちんと払うことがポイントです。

フェイスパウダーの正しい使い方をマスターして、美肌づくりに役立てましょう。
カネボウ ミラノコレクションフェイスパウダーの口コミをチェック!



Sponsered Links


美肌の条件って?

肌を美しく保つためにスキンケアやメーク選び、テクニックを覚えて、またまた体の中からも美しくなるために、美容補助食品や運動、睡眠などにも気を使っていることと思います。
では美肌の条件って何でしょうか?
どんな肌になりたいのかは人によって異なりますが、美肌とは健康的であるのに加えて、

  • みずみずしい(保湿力がある)
  • ツヤがある(適度な皮脂がある)
  • なめらかでつるっとしている(肌のキメが整っている、毛穴が引き締まっている)
  • くすみがなく透明感がある(肌の新陳代謝が正常に行われている)
  • シミがない(紫外線対策やケアができている)
  • はりがある(紫外線対策やエイジングケアができている)

などです。
毎日の生活やスキンケアだけでは難しい・・
そんな時は、カネボウ ミラノコレクション フェイスパウダーの魔法的な美肌力を借りてみましょう。

カネボウ ミラノコレクションフェイスパウダーの口コミをチェック!



Sponsered Links


<コラム>酵素洗顔を使わない日の洗顔はどうする?

酵素洗顔パウダーは毎日使いたいですが、肌への負担が大きく毎日使えないことが悩みです。

日々のお肌のケアのためにも酵素洗顔を使えない日はどんな洗顔料を選んだらよいのかご紹介しています。

⇒「酵素洗顔パウダーを使用しない日に使うおすすめの洗顔料は?」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ