酵素洗顔でアンチエイジング?おすすめの酵素洗顔BEST3!

最近、毛穴の黒ずみ、シワやシミ、顔のたるみが気になり始めていませんか?

お肌のトラブルは老化や肌に溜まる古い角質や角栓の汚れ、その為に肌のターンオーバーが乱れて起きるものです。

このようなトラブルは酵素洗顔を使う事で防ぐ事が出来ます。

アンチエイジング効果の高い酵素洗顔をランキング形式で紹介します。

泡立ちや洗浄力、おすすめ成分を中心にまとめました。



Sponsered Links


おすすめBEST1! コーラルクリアパウダーウォッシュ

泡立ち:★★★★★
洗浄力:★★★★★
保湿力:★★★★★
おすすめ成分:保湿効果が期待できるシルク配合

コーラルクリアパウダーウォッシュは泡立ちも良く、そのままでも簡単に泡立ち、更に泡立てネットを使えば濃厚でしっかりした泡を作る事が出来ます。

汚れを落とす成分としては、天然のパパイン酵素、サンゴ粉末が配合されているので、お肌の汚れを吸着しサンゴの粉末が毛穴の汚れ、余分な皮脂も吸着して肌をクリアにしてくれます。

洗顔後の保湿効果は、植物性の酵素を使っている為、潤いがキープします。

保湿効果が高いシルクが配合されているので、洗顔後も潤いが続きます。

さらに、サンゴ粉末が余分な皮脂を除去してくれるので、化粧水や保湿剤もお肌に浸透しやすいです。

コーラルクリアパウダーウォッシュ 45g 250ml

おすすめBEST2!ブライトニングソープ

泡立ち:★★★☆☆
洗浄力:★★★★★
保湿力:★★★★★
おすすめ成分:アンチエイジング効果が期待できるコエンザイムQ10配合

泡立ちは泡立てネットがないと泡が立たないようですね、水の加減が難しく、水が多いとべチャッとした泡になってしまうようです。

コツが分かれば濃厚でしっかりした泡が作れます。

泡が濃厚で粘着力が強いので毛穴の汚れや普通の石鹸では落ちない汚れを落とす事が出来ます。

肌が弱い方は、洗浄力が強すぎてヒリヒリする方もいるようです。

保湿力も高めで、海洋複合酵素や植物由来のエキスが入っているので保湿力は高めです。

アンチエイジング効果もコエンザイムQ10が配合されてるので期待できます。

メコゾーム ブライトニングソープ 3個セット

おすすめBEST3!ファンケル洗顔パウダー

泡立ち:★★★☆☆
洗浄力:★★★☆☆
保湿力:★★★★☆
おすすめ成分:保湿や肌荒れ防止に効果が期待できるカテキンや米デンプン配合

ファンケル洗顔パウダーは新製法のはや溶けパウダーを使用しているので泡立てがしやすいです。

他の酵素洗顔の泡に比べると、濃厚さが足りない、泡が軽いと感じる方も多いようですね。

保湿力も高く、洗顔後はスッキリ洗い上がりますが、つっぱり感がないのが好評で、無添加なので、肌荒れ防止にも良いです。

酵素洗顔として考えると、直ぐに効果が出る訳ではないので酵素洗顔としては効果が弱いですね。

濃厚でしっかりした泡を作ろうと思うとパウダーの量を増やさなければいけないので、コスパがイマイチです。

洗浄力は角栓の汚れをカンテンやデンプンで浮かせて洗浄し、アミノ酸系の洗浄成分で皮脂の汚れも綺麗に落とせます。

お肌に優しい無添加を使用しているので肌が弱い方にも使えます。

逆にお肌が弱くない人には洗浄力が物足りないかもしれないです。

お肌が弱いけど、酵素洗顔を使ってみたいと言う方にはおすすめです。

≪ FANCL ≫ ファンケル 洗顔パウダー II しっとり 50g (約30日分)

まとめ

  • おすすめBEST1!コーラルクリアパウダーウォッシュ
  • おすすめBEST2!ブライトニングソープ
  • おすすめBEST3!ファンケル洗顔パウダー

今回はアンチエイジングにおすすめの酵素洗顔BEST3!を紹介しました。

今回、紹介した酵素洗顔は、ターンオーバーを正常にしたり、毛穴のトラブル、シミなどを改善してくれるアンチエイジング効果が高い洗顔です。

肌質により、合わない酵素洗顔もあるので、まずは自分の肌質を理解してから肌に合った酵素洗顔を選びましょう。



Sponsered Links


<コラム>酵素洗顔を使わない日の洗顔はどうする?

酵素洗顔パウダーは毎日使いたいですが、肌への負担が大きく毎日使えないことが悩みです。

日々のお肌のケアのためにも酵素洗顔を使えない日はどんな洗顔料を選んだらよいのかご紹介しています。

⇒「酵素洗顔パウダーを使用しない日に使うおすすめの洗顔料は?」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ