酵素洗顔ってどんな効果あるの?注意する肌タイプは?

酵素洗顔ってどんな効果あるの?注意する肌タイプは?

美意識の高い女性が注目している酵素洗顔料の効果には、古い角質や肌の汚れなどのタンパク質汚れを分解するチカラと、メークや角栓などの皮脂汚れを分解するチカラがあります。
普通の石鹸と異なるのはこの分解するチカラです。
しかし、分解するチカラは肌に刺激にもなりやすいので、敏感肌や乾燥肌の人は、気を付けて使い始めましょう。
酵素洗顔料の本当の効果や注意するポイントは何があるのでしょうか。



Sponsered Links


酵素洗顔の効果

酵素とは、食物の消化をはじめ、血液の循環や皮膚の新陳代謝、肌のコラーゲンの生成などいろいろな体の部分で働くタンパク質です。
スキンケアに酵素を使ったものも増えていていますが、中でも洗顔料に酵素が効果的なのは、汚れを分解するチカラがあることです。
酵素洗顔には次のような働きがあるとされます。

  • 古い角質や肌の汚れなどタンパク質でできたものを分解するチカラ
  • 皮脂やメーク汚れなど脂質でできたものを分解するチカラ

通常の洗顔石鹸は、界面活性剤のチカラを利用して、水と油汚れをなじませて落とします。
通常の石鹸には、日常のほこりや汗、メーク汚れなどには一定の効果があるのですが、毛穴に詰まった角栓や仏古い角質のタンパク質汚れを界面活性剤で落とすチカラはありません。

酵素の分解パワーの賢さとは?

石鹸で汚れを中和して落とすのと異なり、酵素は汚れのタンパク質や脂質そのものを分解します。
ですので、毛穴に詰まった角栓や古い角質までも分解してすっきりキレイに洗い上げてくれるのです。
しかも、酵素の賢い点は、「不要なものだけを選択して分解してくれる点」です。
タンパク質で出来ている角質と言っても、必要な角質まで分解してしまうと、肌のバリア機能を損ねてしまうので、危険ですよね。
けれど、酵素は角質の中の古い角質だけを選択してきれいに分解してくれるのです。
また、皮脂においても、肌のバリ機能に必要な皮脂は分解せず、角栓やメーク汚れなどの不要な皮脂汚れのみを分解するので、とても賢いです。



Sponsered Links


注意する肌タイプは?

酵素洗顔ってどんな効果あるの?注意する肌タイプは?

酵素洗顔料を使ってみる際に、下記の肌タイプの人は注意しましょう。

  • 敏感肌
  • 乾燥肌

もともとバリア機能の低い「敏感肌」の人や、肌がうるおいをキープしにくい「乾燥肌」の人にとっては、やはり酵素の汚れを分解するチカラが強いので、肌に刺激を感じることがあります
また健康な肌の人や、オイリー肌の人でも酵素洗顔料を使う際は注意が必要です。

  • 初回は顔の汚れやくすみの気になる部分を部分的に洗ってみる。
  • 商品説明書を読んで、推奨されている使用回数や頻度を守る(週1回、週2~3回などがありあます)。
  • 使用後はしっかりと保湿し、乳液やクリームでうるおいを守るケアをする。

ミノンから発売されている酵素洗顔パウダーは、低刺激で敏感な肌の人にも使いやすく、洗い上がりも潤いが残るタイプのためおススメです。
注意ポイントに気を付けて、酵素洗顔のチカラを美肌づくりに活用してくださいね。



Sponsered Links


<コラム>酵素洗顔を使わない日の洗顔はどうする?

酵素洗顔パウダーは毎日使いたいですが、肌への負担が大きく毎日使えないことが悩みです。

日々のお肌のケアのためにも酵素洗顔を使えない日はどんな洗顔料を選んだらよいのかご紹介しています。

⇒「酵素洗顔パウダーを使用しない日に使うおすすめの洗顔料は?」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ