酵素洗顔パウダータイプの正しい使い方とは?

酵素洗顔パウダータイプの正しい使い方とは?

話題の酵素洗顔料は、酵素がもつ分解パワーを生かして効果的に肌の汚れを落とす洗顔料です。
パウダータイプが多いのは、酵素が湿気を嫌うためですが、パウダーはサラサラで泡立てやすいのがメリット。
酵素洗顔は使う際に気を付けるポイントがあります。正しく使って、なめらかで透明感のある肌になる洗顔方法をご紹介します。



Sponsered Links


話題の酵素洗顔とは?

毛穴汚れや黒ずみ、肌のザラつき、くすみに悩む人は、洗顔料選びに悩みませんか?
気になる汚れを効果的に落としてくれるものを選びたいですよね。
そんな肌悩みをもつ人におすすめしたいのが今話題の「酵素洗顔」です。

酵素洗顔とは、汚れを分解する能力をもつ「酵素」のチカラを活用した洗顔料。

酵素は、もともとあらゆる生き物の体の中に存在していて、私たち人間の体内でも食べたものを分解する消化酵素などとして活躍しています。
洗濯洗剤でも酵素のパワーを利用して強力に汚れを分解!なんてコピーありますよね。
肌の汚れや毛穴の黒ずみはタンパク質と脂質が絡み合ったもので、石鹸成分だけでは落ちにくいのが事実。
けれど、酵素はこの洗顔では落としにくいタンパク質や脂質の汚れを毛穴にまで入り込んで分解して取り除いてくれるのです。
また、肌のくすみやざらつきの原因となる古い角質はタンパク質で出来ているのですが、この古い角質も穏やかに取り除き、肌のターンオーバーを整えてくれます。

毛穴汚れや肌のざらつき、くすみに悩んでいる人にはおすすめの洗顔料なのです。

酵素洗顔料はパウダータイプがおすすめ

酵素はタンパク質で出来ていて、湿気や温度に敏感に反応してしまいます。
なので、酵素洗顔料の多くは湿気を含まないパウダータイプになっています。

酵素が配合されていて、固形タイプのものは、その分酵素の作用が低くなってしまいます。
ですので、パウダータイプがおすすめです。

商品の多くは密封ボトルに入っていたり、個包装になっており、湿気や熱から守れるように設計されています。
水分を加えて初めて酵素が働きはじめるので、浴室にそのまま置いておくなどはNGです。



Sponsered Links


酵素洗顔パウダータイプの注意点とは?

酵素洗顔料は上記の通りに酵素のチカラが人によっては強く感じ、肌にピリピリする刺激を感じる場合もありますので、初めての人は、いきなり顔を全部洗うのではなく、鼻やおでこなどの汚れが気になる部分のみで試してみてください。
また、肌への刺激がなく、使用は大丈夫だったとしても、

毎日使用するのではなく、週に1回からスタートし、商品に合った使用回数(週に2~4回など)に増やしていきましょう。

酵素によって肌や毛穴の汚れが適切に取れるのは良いのですが、角質の取り過ぎは肌のターンオーバーサイクルやバリア機能へのダメージに繋がる可能性があるからです。

酵素洗顔パウダーの正しい使い方とは?

酵素洗顔パウダータイプの正しい使い方とは?

  • スプーン1杯を手のひらにとり、水分を混ぜながら泡立てる
  • 泡を肌になじませるように広げて、指の腹でマッサージ
  • 汚れが気になる部分は丁寧にマッサージ
  • 洗顔時間は1分で十分!

酵素洗顔パウダーは、サラサラの顆粒状になっています。
スプーン1杯程度を手のひらにとり、水分を混ぜながら泡立てます。

水を加えると同時に酵素が働きはじめますよ!

泡を肌になじませるように広げて、指の腹で丁寧にマッサージするように洗いましょう。
小鼻周りや毛穴汚れが気になる部分はくるくるとマッサージするように。
洗顔する時間は1分もすれは十分です。

洗いすぎは、肌のバリア機能を損ねて、乾燥や敏感肌の原因になります。

生え際まで丁寧にすすいで、清潔なタオルで優しく水分を拭き取りましょう。
洗い上がりの肌がスッキリと透明感がアップして、次に使うスキンケアの効果もぐっとアップします。
肌がなめらかになっているので、メークののりも良くなりますよ。
酵素洗顔パウダーはとても優れた洗顔料なのですが、間違えて使用すると人によっては刺激になりますので、正しく使ってくださいね。



Sponsered Links


<コラム>酵素洗顔を使わない日の洗顔はどうする?

酵素洗顔パウダーは毎日使いたいですが、肌への負担が大きく毎日使えないことが悩みです。

日々のお肌のケアのためにも酵素洗顔を使えない日はどんな洗顔料を選んだらよいのかご紹介しています。

⇒「酵素洗顔パウダーを使用しない日に使うおすすめの洗顔料は?」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ