美肌づくりは洗顔から!人気の固形石鹸おすすめ3アイテム!

美肌づくりは洗顔から!人気の固形石鹸おすすめ3アイテム!

肌のキレイな人に美肌の秘訣を聞いてみると、「洗顔を丁寧に行っています」とか「しっかり泡立てて洗っています」という人が多いですよね。
洗顔はまさに「落とすスキンケア」なのです。
しかも「固形石鹸」にこだわりをもって選んでいる人が多いですよね。
固形石鹸のメリットと、おすすめ固形石鹸として、肌に優しくうるおいを残して洗い上げられる、人気の商品を3点おすすめします。
小林製薬 ヒフミドソープ、ディセンシア つつむ ジェントル ウォッシュ、米肌 肌潤石鹸です。



Sponsered Links


固形石鹸のメリットとは?

あなたはどんなタイプの洗顔料を使っていますか?
フォームタイプ、ジェルタイプ、便利な泡で出るタイプ、ミルクタイプ?
そもそも、石鹸は、皮脂などの脂汚れを、界面活性剤で水と中和させて乳化して洗い流すものです。
石鹸は固形タイプの他、人々が使いやすく泡立てやすくするために、フォームにしたり、ジェルに加工しているのです。
しかし、その加工の際に多くの界面活性剤や添加物が必要になります。
便利になる一方で、肌に刺激になる成分が多くふくまれていくのです。
その点、固形石鹸はヤシ油、パーム油、パーム核油などを原料とした、100%植物性の石けん素地だけでできるので、余分な界面活性剤や添加物が少なくて済みます
特に界面活性剤は、肌のバリア機能を損ねたり、肌に残って皮膚細胞のストレスや老化にもつながっていくものですので、できるだけ使わないほうが良いものです。
固形石鹸のメリットは、肌への優しさや、余計な添加物や界面活性剤を肌に与えないで済むという点にあります。

おすすめ固形石鹸BEST3

美肌づくりは洗顔から!人気の固形石鹸おすすめ3アイテム!

洗顔で大切なポイントは

  • 汚れは落とすけれど、皮脂は落とし過ぎないこと
  • うるおいを守ること
  • 肌への刺激がないこと

以上の3点です。
この3つの点でおススメの固形石鹸をご紹介します。

小林製薬 ヒフミドソープ

小林製薬のヒフミドはヒト型ナノセラミドという保湿成分を高濃度に含んで、敏感肌や乾燥肌の人でもうるおいのある肌をキープできるスキンケアシリーズです。
この中の「ヒフミドソープ」は固形石鹸で、ヤシ油、パーム油、パーム核油を原料とした、100%植物性の石けん素地で出来ています。
フワフワの泡が簡単にできて、うるおいを残してすっきりと洗いあがります
もちろん刺激もありません。
洗い上がりがしっとりしてつっぱらない所がとても優れています。
価格は1個80gで3240円(税込)です。
1個で2~3か月はもちます。
固形石鹸はとてもコスパ良いですよ。



Sponsered Links


ディセンシア つつむ ジェントル ウォッシュ

ディセンシアはポーラ&オルビスグループがデリケートな肌の人でもキレイになるために作ったブランド。
敏感肌の人でも安心して使えるアイテムばかりなので、ジェントル ウォッシュもうるおいを残してキレイに洗い上げてくれるのです。
つつむ ジェントル ウォッシュは角質を保護する成分やうるおい成分のレシチンが配合しているので潤い感は抜群なのです。しかも刺激感はゼロ
不要な汚れをしっかり落として、うるおいはしっかり守るので、しっとり透明感のある洗い上がりです。
80g 1944円(税込)です。
市販はされていないので、ディセンシアの公式サイトで購入できます。

米肌 肌潤石鹸

米肌(マイハダ)はコーセーの通販ブランドです。
保湿物質のセラミドを作り出す成分として注目のライスパワーNo11を配合していることで人気のブランドです。
米肌の洗顔料「肌潤石鹸」はライスパワーNo11も配合されていて、ふわふわの泡でしっとり洗いあがるのが特徴です。
さらに大豆発酵エキスやビフィズス菌発酵エキスなど角質のうるおいを守る美容成分が豊富に配合されているので、洗い上がりもみずみずしいのが人気のポイントです。
80g 3500円(税抜)で約2~3か月使用できます。
市販されていないので、米肌の公式サイトで購入できます。



Sponsered Links


<コラム>酵素洗顔を使わない日の洗顔はどうする?

酵素洗顔パウダーは毎日使いたいですが、肌への負担が大きく毎日使えないことが悩みです。

日々のお肌のケアのためにも酵素洗顔を使えない日はどんな洗顔料を選んだらよいのかご紹介しています。

⇒「酵素洗顔パウダーを使用しない日に使うおすすめの洗顔料は?」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ