アレルギーが心配!パパイン酵素洗顔料で気を付けることは?

アレルギーが心配!パパイン酵素洗顔料で気を付けることは?

パパイン酵素は未成熟パパイヤの果実から作られた酵素で、タンパク質、脂質、糖質を分解するチカラがあります。
パパイン酵素の洗顔料は古い角質や毛穴の角栓、メーク汚れなどをマルチに分解してくれるので、酵素洗顔料の中でも効果的なのです。
しかし、間違った使い方をすると肌トラブルやアレルギーを誘引しかねませんので、注意しましょう。



Sponsered Links


パパイン酵素って?

酵素洗顔で有名なパパウォッシュはパパイン酵素が主成分ですが、パパイン酵素って何かご存じですか?
パパイン酵素は、タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)の1種で、パパイヤの果実から発見されたことからパパイン酵素と呼ばれています。
パパイン酵素の働きは、脂質、糖質、タンパク質を消化分解する作用があり、老化した古い細胞だけを分解する特徴を持っています。
この力を利用しているのが酵素洗顔です。
洗顔料にパパイン酵素を配合すると、肌の表面の古い角質(タンパク質)だけを分解、また毛穴に詰まった皮脂や古い角質の汚れなども分解してくれるので、肌がツルツルになり、毛穴詰まりやニキビに効果的なのです。
パパイン酵素は昔から、皮膚の炎症止めやいぼの治療、シミとりなどに使われてきており、今でも入浴剤や皮膚外用薬などに使用され、医薬品指定を受けている成分です。

パパイン酵素の洗顔効果

酵素は通常はある特定の成分だけを分解するチカラをもっています。
タンパク質分解酵素はタンパク質、皮脂分解酵素は皮脂のみ・・というように。
そんな酵素は体内に何千種類も存在します。
ところが、パパイン酵素は、タンパク質、脂質、糖質すべてを分解する力をもっており、1つの成分で肌にある皮脂や角質、メーク汚れ、大気の汚れなどをいろいろなアプローチで分解してキレイにしてくれるから効果的なのです。
多くの酵素洗顔料は、タンパク質分解酵素のみの配合か、皮脂分解酵素の2種類の配合です。
パパイン酵素配合であれば、酵素の種類をチェックしなくても済みます。



Sponsered Links


パパイン酵素洗顔のデメリット

パパイン酵素洗顔料は、古い角質や毛穴の汚れ、メークなどの皮脂汚れなど、いろいろな肌の余分な汚れを分解してくれるので、とても優れた洗顔効果を持っている一方、間違った使用をすると角質層を必要以上に分解してしまい、皮膚のバリア機能を損ねる場合もあります。
これは、パパイン酵素に限ったことではなく、あらゆる酵素洗顔料に言えることでもあります。
スキンケアは医薬品ではありませんが、肌の状況を見て使う自己判断能力が欠かせません。
肌トラブルとしては、刺激に敏感になる敏感肌、必要なうるおいを保てない乾燥肌、ターンオーバーの早まりにより未熟な角質細胞が生まれてしまいアレルギーを誘引してしまうなどの症状が現れます。

酵素のアレルギー

アレルギーが心配!パパイン酵素洗顔料で気を付けることは?

酵素をもつフルーツはたくさんあります。
キウイやパイナップルを食べると、舌や口の中が痛くなることがありませんか?
これは、キウイやパイナップルの酵素が口の中や舌の表面のタンパク質を分解しすぎたからです。
南国や沖縄ではでは生パパイヤをサラダで食べる文化がありますが、食べ過ぎると下痢になるので、食べ過ぎないことが常識になっています。
酵素は分解するチカラが強いので、時にこのようなアレルギー反応が出ることがあります。
もともと、キウイやパイナップルなど果物や野菜にアレルギー反応をお持ちの人や、食物アレルギー体質の方は、成分をチェックして酵素洗顔を使用しましょう。



Sponsered Links


<コラム>酵素洗顔を使わない日の洗顔はどうする?

酵素洗顔パウダーは毎日使いたいですが、肌への負担が大きく毎日使えないことが悩みです。

日々のお肌のケアのためにも酵素洗顔を使えない日はどんな洗顔料を選んだらよいのかご紹介しています。

⇒「酵素洗顔パウダーを使用しない日に使うおすすめの洗顔料は?」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ