敏感肌におすすめ 肌に優しい洗顔石鹸ランキングBEST3!

敏感肌におすすめ 肌に優しい洗顔石鹸ランキングBEST3!

肌が敏感な時の洗顔料は固形石鹸がおすすめです。
余計な添加物や界面活性剤や乳化剤が配合されず、洗い上がりもアルカリ性の中和能で肌そのもののチカラを高めます。
そんな固形石鹸のおすすめ3品を紹介します。
石鹸成分が優しく、美容成分が配合されているものがおすすすめです。
肌が敏感な時の洗顔のポイントも紹介します。



Sponsered Links


敏感肌におすすめは固形石鹸

固形石鹸はパーム油やヤシ油、オリーブ油など美肌効果のある植物油脂原料を使って石鹸素地を作ります。
純粋な固形石鹸は、「石けん素地」「カリ石けん素地」と記載があります。
選ぶなら93%以上が石鹸素地でできており、ヒアルロン酸などのうるおい成分や美容成分が配合されているものを選びましょう。
また、固形石鹸はアルカリ性なのですが、このアルカリ性であることが肌に絶妙な刺激を与えて、肌が活性化し、ターンオーバーのサイクルを整え、肌本来のチカラを育てるのです。
「肌と同じ弱酸性」などと肌への優しさをアピールしている洗顔料もありますが、肌本来のチカラを育てるためにはアルカリ性であることが必要です

敏感肌におすすめ固形石鹸ランキング

春風のほこりや花粉、夏の紫外線の刺激や秋冬の乾燥で肌が敏感になって悩んでいる人が増えています。また、女性は生理や妊娠・出産などホルモンバランスの変化に伴って肌が敏感になる時期があります。
肌が敏感になっている時でも、洗顔は必要ですよね。
成分のやさしさで洗顔用固形石鹸をランキングました。

1位 小林製薬 ヒフミドソープ 
80g 3000円(税抜)
ヒフミドソープはヤシ油、パーム油、パーム核油を原料とした、100%植物性の石けん素地で出来ています。
その他、保湿成分として天然型セラミド2やオリーブスクワラン、リピジュアなどが配合されているので、洗顔石鹸としては良質です。
実際にふわふわの柔らかい泡で、洗い上がりもうるおいが残ってつっぱり感がないので、敏感肌には安心です。

2位 アクセーヌ フェイシャルソープ 
100g 1000円(税抜)
アクセーヌの固形洗顔料は、肌に刺激となる脂肪酸(オレイン酸・ラウリン酸)を使用していないので、肌をカサカサにすることなく、汚れだけを落として必要なうるおいをキープしてくれる洗顔料。
アクセーヌは皮膚科でも紹介されるスキンケアで、アレルギーや敏感肌の人も安心して使用できます。

アクセーヌ フェイシャルソープの詳細をチェック

3位 米肌 潤肌石鹸
 80g 3500円(税抜)
植物性100%の高純度な洗浄成分を配合し、さらに保湿成分ライスパワーNo.11、ビフィズス菌発酵エキス、大豆発酵エキス乳酸Na、グリセリン、 グリコシルトレハロースなど肌を乾燥から守り、保水能力を高める成分がたっぷり配合されています。
優しく洗うだけでなく、その後の肌のうるおいまでしっかり考えている固形石鹸です。



Sponsered Links


肌が敏感な時の洗顔のポイント

敏感肌におすすめ 肌に優しい洗顔石鹸ランキングBEST3!

  • たっぷり泡をたてて、泡で洗う
  • 手のひらや指の腹で肌をこすらない
  • お湯の温度はぬるい程度32度程度で洗う
  • タオルでも肌を摩擦しないようにポンポンと水分を吸い取るように
  • 洗顔後すぐにスキンケアを行う。

肌が敏感になっている時は、バリア機能が弱い状態です。
洗顔は汚れだけでなく、必要なうるおいや皮脂まで奪ってしまうので、洗いすぎに注意しましょう。
肌が敏感な時は乳液にプラスワセリンのようならうるおいを閉じ込めるクリームをプラスするのもおススメです。



Sponsered Links


<コラム>酵素洗顔を使わない日の洗顔はどうする?

酵素洗顔パウダーは毎日使いたいですが、肌への負担が大きく毎日使えないことが悩みです。

日々のお肌のケアのためにも酵素洗顔を使えない日はどんな洗顔料を選んだらよいのかご紹介しています。

⇒「酵素洗顔パウダーを使用しない日に使うおすすめの洗顔料は?」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ