酵素洗顔は泡立てて使いましょう!

洗顔をする時にはキメの細かい沢山の泡で洗うと肌への刺激も少なくて良い!とよく聞きます。

でも、酵素洗顔で泡立てようとしても、なかなか泡立ってくれません・・・。

酵素洗顔はどうして泡立ちが悪いんでしょうか?

沢山の泡を作りたいのに・・・不思議ですよね。

泡が少なくても問題ないなら、それでも良いですが、どうなんでしょうか?

酵素洗顔は泡だてなくてもよいのか?調べてみました!



Sponsered Links


酵素洗顔は泡だてなくはいけない?

hatena

酵素洗顔も他の洗顔石鹸も基本的には泡立ててから使うことが推奨されています。

その理由は洗顔の時に起きる肌の摩擦を避ける為です。

洗顔の時に顔を手で擦って洗う事で、手と顔の皮膚に摩擦が起きます。

その摩擦は肌へ刺激となって肌荒れの原因になったり、乾燥になったり、シワの原因になってしまうからです。

キメの細かい泡なら擦らなくても、毛穴の汚れを吸着してくれるので、摩擦が起きません。

手間はかかりますが、泡を立てて洗った方が、泡がクッションになり肌への摩擦が少なくなり綺麗な肌を手に入れる事が出来ますよ。

それでは、どうやったら泡立てにくい酵素洗顔を泡立てらるのでしょうか?

酵素洗顔を泡立てる方法

awadatenetto

酵素洗顔は泡立ちが良くないので手で泡立てるのは一苦労です。

そんな時には泡立てネットを使うと泡立てが楽になります。

少量の水を加えながら泡立てする事でキメの細かいモコモコの泡が出来上がります。

次に、酵素洗顔のパウダータイプの場合には、他の洗顔料と混ぜて使う事も出来ます。

これは酵素洗顔の効果が強すぎて使えない方にもおすすめの方法です。

酵素洗顔の効果が強すぎると感じる方は、混ぜて使う事で自分にあった酵素の強さ位にする事が出来ます。

混ぜて使う時には、固形石鹸でもチューブのものでも良いので、泡を立てる前に酵素洗顔のパウダーを少量混ぜて泡を立てる事で泡立ちが良くなります。

酵素洗顔はパウダータイプのものよりも固形タイプの方が、泡が立てやすいです。

泡立てが苦手な方は固形タイプがおすすめです。

最近は泡立ちしやすい酵素洗顔もでてきているので、そうした物もおすすめです。



Sponsered Links


泡立てやすい酵素洗顔とは?

awadate

泡立ちが良いものには界面活性剤が入っているタイプの物が良いです。

泡立ちだけじゃなく洗浄力も高めてくれます。

ただし、あまり量が含まれていると洗浄力が高くなり過ぎて肌への刺激になってしまいます。

少しでも泡立ちが良いものが良いなぁ~と思う方は界面活性剤が入ったものを選んだ方が良いですが、肌の刺激が強いと感じた方は界面活性剤入りの酵素洗顔はやめた方が良いです。

まとめ

  • 酵素洗顔も他の洗顔料同様に泡立てて使用すべき
  • 泡立てるには泡立てネットの活用がオススメ
  • パウダータイプよりも固形タイプの方が泡立ちやすい
  • 刺激が強すぎるかもしれないけど、界面活性剤入りの方が泡立ちやすい
  • 酵素洗顔も他の洗顔料と同じく、やっぱり泡立てて使用した方が肌に優しいです。

    まずは、泡立てネットを使って泡立ててみてください。

    何でこんなに泡立つの?!ってくらいモコモコしてきます。

    泡立てネットの泡でも満足できなかったら、固形タイプの酵素洗顔にして、泡立てネットを使ってみてください。

    これでも泡立てに満足できなかったら界面活性剤入りの石鹸が良いと思いますが、個人的には肌の刺激が強いので、お肌が弱い人は避けた方が良いと思います。

    せっかく酵素洗顔を使ってるんだったら、めんどくさがらずに、泡立てネットでモコモコの泡にしてから洗顔してみてくださいね。



    Sponsered Links


    <コラム>酵素洗顔を使わない日の洗顔はどうする?

    酵素洗顔パウダーは毎日使いたいですが、肌への負担が大きく毎日使えないことが悩みです。

    日々のお肌のケアのためにも酵素洗顔を使えない日はどんな洗顔料を選んだらよいのかご紹介しています。

    ⇒「酵素洗顔パウダーを使用しない日に使うおすすめの洗顔料は?」

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ