洗顔は1日に何回が理想? 肌タイプ別おすすめ洗顔回数とは?

洗顔は1日に何回が理想? 肌タイプ別おすすめ洗顔回数とは?

美肌の基本の洗顔は1日朝と晩の合計2回が基本です。
朝の洗顔は夜の新陳代謝で生まれる皮膚の汚れやスキンケアの残りを落とすためです。
夜の洗顔はメイクや日中の大気の汚れなどをしっかり落とすためです。
日中に洗顔をプラスするのは1回まで。
肌タイプによって、1日2回の洗顔方法を少しアレンジすることも必要です。

では洗顔は一日何回程度が理想なのでしょうか?



Sponsered Links


洗顔の基本は朝・晩の1日2回

化粧品メーカーの多くは、洗顔は朝と晩、1日2回までを基本としています。
朝の洗顔の理由は、夜中の新陳代謝でできた老廃物や古い角質、汗など皮膚生理的に生まれる汚れを落とすことです。
また、スキンケアのクリーム類の酸化、寝具のリネン類の付着も落とす必要があります。
汗や皮脂だけであれば、ぬるま湯で洗い流すだけでもある程度の汚れは落とせるのですが、問題は夜に付けたクリームや乳液類が酸化してしまうことです。
皮脂もクリームや乳液類も酸化すると過酸化脂質となり、肌に刺激となって肌老化の原因となります。
また、毛穴に詰まると炎症し、ニキビなどの元にもなります。
夜の洗顔の理由は、UVクリームやメイクの汚れの他、大気の汚れや花粉類、ほこりが付着した汚れを落すことと、洗顔後、スキンケアすることで、夜中の新陳代謝が良くなることがあります。
洗顔は1日朝晩の2回までが基本です。



Sponsered Links


日中の洗顔は何回までしていいの?

オイリー肌の人やベタつきが気になる人、スポーツなどで汗をかく人は日中でも洗顔をしてさっぱりしたくなりますよね。
特に10代は皮脂分泌や代謝が活発なので、洗顔したくなるケースも多いと思います。
日中に洗顔を1回プラスして、肌のカサつきやベタつきなど肌状態が変化しなければ朝晩以外に洗顔をしても問題ありません。
洗顔後、スキンケアをしっかり行うことで、とくに肌トラブルにならなければ大丈夫と言えます。
しかし、洗顔料を使って、毎日4回以上も洗顔するのは、肌の皮脂やうるおいを奪いすぎるため、乾燥や皮脂過剰につながります。
とくに20代後半になると、皮脂分泌がおさまり、うるおいの保湿物質の生成も減少して肌が乾燥気味に変化してきます。
肌トラブルに繋がらないように肌の変化に気を付けましょう。
肌のベタつきが気になるなら、脂とり紙で押さえたり、皮脂コントロール作用のあるジェルを使うなど、洗顔をしなくても済む方法も考えてみましょう。

肌タイプ別洗顔回数

洗顔は1日に何回が理想? 肌タイプ別おすすめ洗顔回数とは?

基本は朝晩の1回ずつ、1日合計2回までが皮膚生理的に良いのですが、乾燥肌・敏感肌の人で朝の洗顔が刺激になる場合は、Tゾーンのみ石鹸を使用し、Uゾーンはぬるま湯で洗い流すのみでも大丈夫です。
夜はメイクもしているのでW洗顔やクレンジング&洗顔で1日の汚れをきちんと落とします。
オイリー肌の人は基本的に朝と晩の1日2回までがおすすめです。
日中のベタつきが気になるために日中も洗顔したくなりますが、洗顔料を使っての洗顔はプラス1回まで。
それ以上は水やぬるま湯で洗い流す程度でさっぱりさせましょう。
オイリー肌は皮脂を落とすと、余計に皮脂を分泌して肌を守ろうとしてベトツキがひどくなります。
洗顔はきちんと行えば美肌への近道ですが、間違うと、スキンケアでは対処できなくなる肌トラブルになりますので気をつけましょう。



Sponsered Links


<コラム>酵素洗顔を使わない日の洗顔はどうする?

酵素洗顔パウダーは毎日使いたいですが、肌への負担が大きく毎日使えないことが悩みです。

日々のお肌のケアのためにも酵素洗顔を使えない日はどんな洗顔料を選んだらよいのかご紹介しています。

⇒「酵素洗顔パウダーを使用しない日に使うおすすめの洗顔料は?」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ