健康的な肌ってどんな肌?肌トラブルの種類とは?

健康的な肌ってどんな肌?肌トラブルの種類とは?

健康的な肌とは生まれたての赤ちゃんの肌をさします。
肌トラブルは肌質に影響されますが、それ以外にも生活環境や食生活、毎日のスキンケアやホルモンバランスの変化、そして加齢のよって大きく変わります。
そしてずっと同じ肌トラブルが続くわけではありません。
肌質から、なりやすい肌トラブルの種類を知りましょう。



Sponsered Links


健康な肌とは?

人生で一番健康で美しい肌とは、赤ちゃんの肌です。

  • 質感はみずみずしくて、ハリがある
  • 手触りはキメ細かくてスベスベ
  • 色味は透明感があり、しみひとつない

女性は常にこのような肌を求めているといえますね。
肌のいろいろな悩みは生まれ持った肌質の影響もありますが、生活環境や食生活、スキンケア方法やホルモンバランスの変化に影響されます。
ずっと同じ肌トラブルを抱えることはありません。
そして、一番避けがたいのが加齢に伴う肌の変化です。
肌トラブルはどのような種類があるのでしょうか?



Sponsered Links


肌トラブルの種類

健康的な肌ってどんな肌?肌トラブルの種類とは?

肌トラブルにつながる、4つの肌タイプがあります。

  • 乾燥肌(皮脂・うるおいどちらも分泌が少ない肌、バリア機能が弱い肌)
  • オイリー肌(皮脂分泌が多い肌、うるおいが少ないために皮脂分泌が多いアンバランスな肌)
  • 混合肌(乾燥している部分とオイリーな部分が混在している肌)
  • 敏感肌(バリア機能が低く、刺激を受けやすい肌)

もともとの肌タイプによって、なりやすい肌トラブルが決まってきます。
肌タイプは食生活や生活環境、スキンケア方法などに影響されていますので、スキンケアだけで改善するのではなく、生活や食事なども改善することによって肌質も良くなってきます

◎乾燥肌に起こりやすいトラブルの種類
乾燥肌は部分的なかさつきの他、くすみや角質肥厚によるごわつき、乾燥による小じわなどがおこりやすくなります。

◎オイリー肌に起こりやすい肌トラブルの種類
オイリー肌は皮脂分泌が過剰なので、テカリ、肌荒れ、ニキビ、大人ニキビ(吹き出物)、毛穴の黒ずみ、毛穴のひらきなどが肌トラブルになります。

◎敏感肌に起こりやすい肌トラブルの種類
敏感肌はあらゆる刺激に反応してしまうので、かぶれ、かゆみ、紫外線によるシミ、バリア機能の低下による乾燥、シワなどが肌トラブルになります。

◎年齢による肌トラブルの種類
年齢を重ねるにつれて、肌の生成機能や代謝機能が落ちてきます。
ホルモンの分泌が低下することにより、皮脂分泌が低下し、保湿成分の生成も少なくなるため、肌が乾燥して、シワができやすくなります。
また、肌のハリを保っている弾力組織のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成能力も落ち込んでくるので、たるみやたるみ毛穴、目元のたるみが原因の黒くま(影くま)ができやすくなります。

生活環境による肌トラブル

外でスポーツをしたり、外出が多い人は紫外線の影響をうけてシミやシワができやすくなります。
また、忙しい日々が続いたり、寝不足になると、血行不良から青くまができやすくなります。
食生活やストレス、ホルモンバランスの変化(生理や妊娠・出産など)によって、肌荒れやニキビ、肝斑になりやすくなります。

肌のトラブルはスキンケアだけでなく、肌質や生活環境、年齢により大きく左右されます。
規則正しい生活リズムにバランスの良い食事、適度な運動を行って健康的な肌を作りましょう。
年齢的な肌悩みは、年齢による不足を補うケア(アンチエイジングケア)を行って、進行を遅らせるように努めてみましょう。



Sponsered Links


<コラム>酵素洗顔を使わない日の洗顔はどうする?

酵素洗顔パウダーは毎日使いたいですが、肌への負担が大きく毎日使えないことが悩みです。

日々のお肌のケアのためにも酵素洗顔を使えない日はどんな洗顔料を選んだらよいのかご紹介しています。

⇒「酵素洗顔パウダーを使用しない日に使うおすすめの洗顔料は?」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ